たかが酵素ダイエット、されど酵素ダイエット
たかが酵素ダイエット、されど酵素ダイエット
ホーム > 法律 > 贈与で節税するには?

贈与で節税するには?

贈与で節税するには1つの方法として基礎控除をうまく活用するという方法があります。

 

贈与税は毎年1月1日から12月31日までの間に受けた贈与の合計に対して税金がかかるわけですが、贈与税の計算においては年間110万円の基礎控除があります。

 

つまり、毎年110万円の範囲内で贈与を行なえば全く税金がかからずに住むわけです。

 

例えば、1,000万円の評価の土地を贈与するのであれば、毎年1/10ずつの持分を贈与していけば10年間で土地のすべてを贈与することができ、なおかつ贈与税が課税されないということに理論上はなります。

 

しかし、この毎年少しずつ贈与する方法は注意が必要であり、毎年同じ時期に同じ額の贈与を行なうと「定期金の贈与」とみなされ、何年かにかけて行なわれたすべての総額に対して贈与税がかかることがあります。

 

そこで対策としては、毎年贈与するたびに贈与契約書を作成すること、贈与する金額や財産の種類を年毎に変えること、毎年贈与する時期を変えることなどが課税されないための方法として有効のようです。

 

さらに他の節税法として贈与税の配偶者控除を利用する方法があります。

 

これは結婚してから20年以上経過した夫婦に一度だけ認められる制度で、居住用不動産を配偶者に贈与した場合に、最高2,000万円までは税金がかからないというものです。

 

不動産だけでなく、土地や建物を取得するための資金の贈与にも認められます。

 

この控除を受けるには、贈与税の申告時に適用を受ける旨の記載をし、必要書類を提出しなければなりません。相続手続きを自分でする書式集